糖尿病の食事には宅配弁当がグッド|食にこだわりたいなら

家族
このエントリーをはてなブックマークに追加

若い人もかかる病気

世帯

糖尿病は慢性的に血糖値が上がった状態で、さまざまな合併症を引き起こします。血糖値をコントロールしているのはすい臓なので、すい臓に負担がかからないような食事をします。つまり、まとめ食いや早食いをやめて、1日3食をゆっくり噛んで食べることが大切です。

Read More

血糖値をコントロールする

和食

糖尿病の症状改善には、まずは規則正しい毎日の食事を習慣にすることが重要になってきます。食材をその都度使うたびにこまめに量りながら毎日記録をつけていくことで、体内の血糖値をコントロールできるようになります。

Read More

血糖に良い食べ物は通販で

介護

糖尿病になった場合、食事の栄養バランスや調味料の量に気をつけなくてはいけなくなります。この際役に立つのが、通販の糖尿病の食事です。一般の家庭では難しい調理や栄養管理の手間を省いてくれるので、食事作りの負担が軽減されます。

Read More

便利な病食の宅配弁当

食事

主婦の負担を軽減できます

予備群も含めると糖尿病の患者数は5人に1人とも言われています。糖尿病が厄介なのは発症してしまうと完治が難しいという点です。治療としては主に薬物療法、食事療法、運動療法が行われます。この中でも特に大事なのが食事療法です。症状が悪化した場合は入院するので糖尿病食が出ますが、軽度の場合は自宅で食事を管理する必要があります。家庭で糖尿病食を作るとなると主婦の負担が増えます。健康な家族とは別に食事を用意することになるからです。そのような時に便利なのが宅配弁当です。今では糖尿病患者用の宅配弁当があるので、主婦の間では人気になっています。人気の理由は、それらの病食弁当は専門の管理栄養士がしっかりと管理しており、糖尿病でも安心して食べることができるからです。

管理栄養士の管理で安心

糖尿病用の食事ではカロリー計算がとても大切です。1日に必要なカロリーを計算して食事を用意する必要がありますが、体重によってカロリー量が変わってくるのです。一般的には1日に1200か1800キロカロリーだと言われています。肥満の人や高齢者は少なめにして、働いている人や成長期の人は多めにしても大丈夫です。しかも1日に決められたカロリー量を、3食にバランス良く食べるのが理想です。このような手間暇を家庭の主婦が行うのは大変なことです。しかも毎日です。それを考えると、1日1食でも宅配弁当を利用するだけでかなりの負担軽減になります。色々な宅配業者が糖尿病食を扱っていますが、それぞれに値段や献立が違います。医療機関が推薦している宅配食もあります。